株式会社NOLTYプランナーズ

実生活とネット利用の
バランスを整える
タイムマネジメント教育
プログラム
NOLTYスコラ オーブ

【無償ダウンロードのお知らせ】

新型コロナウイルスの感染拡大防止による休校措置に踏まえまして、生徒児童の生活習慣の乱れやゲームなどへの依存を防ぐNOLTYスコラ オーブのステップ①(全3ステップ)を無償でダウンロードできるようにしました。 授業の1コマで活用できる内容になっておりますので是非、ご活用ください。

NOTLYスコラ オーブ ステップ① ダウンロードページはこちら

スマートフォンやタブレットなどの普及によりほとんどの中学生が日常的にインターネット(以下ネット)を利用しています。
特に動画視聴、ゲーム、SNSの利用は年々増加の傾向にあり、睡眠や学習など生活への影響度合いが高まっています。

ネットを有効に利用することは私たちの生活を豊かにしますが、一方で「ネットリテラシー」「コミュニケーショントラブル」「依存傾向」という3つのリスクもあります。
このような状況に対し「ネットリテラシー」や「SNSなどのコミュニケーション方法」を教える授業や講演は盛んに行われていますが、「ネット使いすぎ・つながりすぎ(依存傾向)」に対する教育はそこまで盛んには行われていません。
子供たちは生まれた時からネットが身近にあり、習慣的に利用していますが、それを自律的に管理する時間管理方法は学んでいません。
だからそこ無自覚な依存傾向に陥ったり、利用しすぎていることを自覚しながらも生活とのバランスを整えることができていないことがあります。

このような状況に対して自分の生活状況を自覚し、より良くするための工夫を考え、 それを自らの習慣へと定着させていく教育プログラムを開発いたしました。

NOLTYスコラ オーブ 静岡大学×NOLTYスコラ

NOLTYスコラ オーブは、静岡大学と
(株)NOLTYプランナーズが共同で開発しました。

タイムマネジメント教育プログラムは、
国立大学法人 静岡大学 塩田研究室に監修していただきました。

本商品は教育工学 情報モラル分野の権威である国立大学法人 静岡大学 塩田研究室と、中高生がPDCAサイクルを身に付け主体的に学び続ける力を育成するための教育プログラムを開発しているNOLTYプランナーズが、共同で開発した商品になります。 ( 特許・意匠登録出願中 )

塩田 真吾 准教授

1981年生まれ
早稲田大学大学院修了、 博士(学術)
千葉大学特任研究員、静岡大学教育学部助教、講師を経て現職
【研究分野】 教育工学、授業デザイン
「社会とつながる授業」をテーマに、現代的・社会的課題(情報モラル・セキュリティ、キャリア、環境・エネルギー、スポーツ・インテグリティなど)の授業デザインについて工学的に研究しています。

01中学生とインターネット

データで見る
中学生のインターネット利用

中学生のインターネット使用率

2014 79.4%
2015 80.3%
2016 82.2%
2017 85.2%
2018 95.1%

中学生の95.1%がインターネットを利用

※「平成30年度 青少年のインターネット利用環境実態調査 調査結果(速報) 平成31年2月 内閣府」 をもとに弊社で加工・作成

中学生のスマートフォン使用率

2014 39.8%
2015 42.7%
2016 47.3%
2017 54.6%
2018 70.6%

中学生の70.6%がスマホを利用

※「平成30年度 青少年のインターネット利用環境実態調査 調査結果(速報) 平成31年2月 内閣府」 をもとに弊社で加工・作成

中学生のスマートフォン平均使用時間

2016 138.3
2017 148.7
2018 163.9

中学生の
スマホ平均使用時間は
163.9( 2時間43分 )

※「平成30年度 青少年のインターネット利用環境実態調査 調査結果(速報) 平成31年2月 内閣府」 をもとに弊社で加工・作成

日常的にネット利用するからこそ、
生活とのバランスを
整える力を身に付けること
が必要です。

実生活とネット利用の
バランスが崩れると…

睡眠時間の
減少

授業への
集中力低下

学習時間の
減少

ネット依存傾向になると
身体的・精神的な影響も

ネット依存傾向の身体的影響

視力低下/めまい/肩こり/吐き気/倦怠感/寝不足によるだるさ/栄養障害/骨粗鬆症/エコノミー症候群/筋力低下

ネット依存傾向の精神的影響

感情がコントロールできなくなる/いつもイライラしている/攻撃的になる・無感情・無感動になる/スマートフォンがないとパニック状態になる/スマートフォンを利用していないときの意欲低下が著しい/自己中心的な考えに傾く/話がかみ合わない/思考能力が低下する/記憶力が低下する/眠ろうとしても眠れない

NOLTYスコラオーブの効果

中学⽣、⾼校⽣約430名を対象に実証実験を⾏い、その結果を静岡⼤学塩⽥研究室に分析いただきました。

機器別利⽤時間の変化

N=424〜432名 **:P<0.01 *︓P<0・05 ※参考5.1=126分、4.8=108分

スマホ利⽤時間において有意な差が認められました。利⽤時間が約20分減少

02スマホの影響

ネット利用と生活の
バランスを整えることが
難しい3つの

1自覚

生活にどのぐらい
影響しているか
視覚的に捉えられない

2コントロール

時間管理を学び、
身につけていない

3比較

他者と比較をした
ことがない

これらの問題を、
タイムマネジメント教育プログラムで
解決できます!

03タイムマネジメント
教育プログラム

タイムマネジメント教育プログラム
ツール一覧

NOLTYスコラ オーブ(手帳)

NOLTYスコラオーブ (手帳)

指導手引き

指導手引き

ダウンロード
授業用パワーポイント

授業用パワーポイント

ダウンロード

タイムマネジメント教育プログラムを使って
実生活とネット利用の
バランスを整える3ステップ

STEP1

自覚させる

ー 自分の生活時間の見える化。他者との比較 ー

  • 自分の生活時間を書き表し、ネット、学習、睡眠の時間配分を知る
  • 友達と時間の使い方を比較し、違いを知る
  • 比較することで得た気づきや意欲を書き出す

STEP2

工夫させる

ー 時間管理の基礎を学び、工夫を始める ー

  • 1週間の時間の使い方を振り返る
  • 友達と時間の使い方を比較し、認め合う
  • ネット、学習、睡眠の開始時間を決める
  • 時間の価値を考える

STEP3

定着させる

ー より具体的な行動目標を立てる ー

  • 目標の立て方の精度を上げて少しずつ工夫を定着させていく
  • 具体的な数字を使った行動目標を立てる

タイムマネジメント教育プログラムを
使うことによって出来るようになる事

自律的な
ネット利用

自らの生活とネット利用のバランスを常に意識しながら行動を工夫したり、改善したりすることができます。

学習習慣の
定着

STEP2では勉強を開始する時間を決めます。習慣化をするための工夫は量を決めることよりも開始時間を決めて繰り返すことで何も考えずに行動できる状態にすることが大切です。みなさんが何も考えずに朝、歯磨きをすることと同じような状態にすることです。

時間の
使い方に
興味を持つ

中学生が時間管理を行うことが苦手な理由の一つは自分と同じような状態の人と時間の使い方を比較する機会が少ないためです。そのため友達(クラスメイト)と時間の使い方を比較するステージを設けています。

このような教育を経験することで時間が有限であることを理解し、学習や部活、仕事などにおいて自分の行動を可視化させて工夫したり、改善したりすることができるような人材になります。

また、時間の価値(時間あたりの生産性や時間あたりの満足感など)を意識するようになります。自身にとって最良な時間の使い方を自分で考えて創り出すことができるようになります。

お問い合わせフォーム